看護方式について

看護方式は大きく分けて、チームナーシングとプライマリーナーシングがあります。どちらを採用しているかは病院の方針によって決まりますので、看護師が個人でチームナーシングやプライマリーナーシングと決めることは出来ません。

新人看護師として病院に入職する際には、チームナーシングであるかプライマリーナーシングであるかを重視して勤める病院を決める看護師はあまりいないと思います。ただ、働いて行くうちに自分がやりたい看護と病院の看護方式が異なることに気付き、転職を考えるということはあります。

チームナーシングについて

チームナーシングというのは、1つの病棟に2つ以上の看護チームを作って、チーム単位で一定数の患者を受け持つ方式です。それぞれのチームは、チームリーダーの責任と看護方針のもとで看護を行うことになります。

チームナーシングの特徴は、次のようなものがあります。

  • 看護師の得意分野を生かして質の高い看護を提供することができる。
  • 多角的な視野で患者を観察することができ病状変化に気づきやすい。
  • 新人看護師もベテラン看護師のフォローのもとで業務を進めることができ、新人の教育にもよい。
  • チームリーダーへの負担が大きい。

プライマリーナーシングについて

プライマリーナーシングでは、患者の入院から退院までを一人の看護師が担当することになります。担当看護師になると患者さんに応じた看護計画をたてるなど、総合的なスキルが求められることになります。ただし、担当看護師がいなければどうにもならないという状況は病院としても困るので、担当外の患者についてアソシエイトナースとして看護補助を行う病院も多いです。

プライマリーナーシングの特徴としては次のようなものがあります。

  • 看護の責任が明確で、自主性の高い看護を行うことができる。
  • 「自分の看護」ができやすくモチベーションが高まる。
  • 看護師自身の成長度合いが大きい。また看護師自身もそれを実感しやすい。
  • 担当として業務をこなすには一定のスキルが必要であり、新人看護師には不向き。

チームナーシングか? プライマリーナーシングか?

では、自分はチームナーシングとプライマリーナーシングのどちらが向いているのか?といっても看護師としての経験によってそれぞれ異なるものですよね。例えば、看護師に就いたばかりの新人ならば「チームナーシングでOJT的に仕事を覚えられるとありがたい」、ひと通り仕事を覚えた中堅の看護師ならば「プライマリーナーシングで幅広い業務をこなし成長の実感を得たい」、キャリアを積んだベテラン看護師ならば「チームナーシングのリーダーだと仕事のやりがいが得られる」というように立場や経験によって変わってくると思います。さらには、それぞれの看護師の向き不向きや仕事に対する考え方によっても変わってくるでしょう。

この辺り、自分としてもまだどちらが良いのか分からないという場合は、ひとまず『今ある状況で前向きに頑張ってみる』と言うことが良いと思います。その上で、『自分のやりたい看護とは何か違う‥‥』ということを感じるのであれば、ひとまず相談してみるのが良いかもしれません。

看護師の仕事について相談したいと思ったら

自分の今やっている看護師の仕事について不満がある、あるいは将来のキャリアを考えると不安がある、自分の考え方と相容れないと思ったら、それを放ったらかしにせず相談してみるとよいと思います。病院勤務であれば、リーダーや師長に相談することが多いと思いますが、そうそう簡単に病院の仕事の進め方について上司に相談するのも気が引けるという看護師も多いのではないでしょうか。また、リーダーや師長といっても結局は『自分の経験から得た知識』に留まるため、広い視野で仕事を見直すということには消極的で、感情的になりやすい人がいるのもまた事実です。

そこでお勧めしたいのが『看護師専門の転職支援サイト』のキャリアコンサルタントに相談してみることです。キャリアコンサルタントは多くの看護師、多くの職場を見てきていますので客観的なアドバイスをすることが可能なのです。

転職支援サイトはとりあえず相談から、でOK

看護師専門の転職サイトは看護師の転職を専門に扱っているサービスですが、転職先を紹介するだけでなく、転職に係わるさまざまなサービスもあわせて提供してます。

その1つが、コンサルティング(カウンセリング)です。登録すると専任のキャリアコンサルタントが付きますので、その担当者と自分の看護師の仕事について相談することができます。

もちろん、転職支援サイトに登録しても転職を強制されるわけではありません。看護師とキャリアコンサルタントが話をして「転職によって問題を解決できる」となれば転職の話が出てくるでしょうし、転職しなくても解決の道がありそうだとなればそのようなアドバイスとなるでしょう。最近の転職サイトでは、無理やり転職させるということは行わないのです。

もし仮に、転職活動を進めるということになれば、転職に係わるさまざまな処理についてもサポートしてもらえます。例えば、

●条件にあった求人先を探して紹介
●求人先への調整ごとの代行、条件交渉の代行
●履歴書のチェックや面接の対策
●転職後のアフターフォロー

などです。

これらのサービスについては、看護師はすべて無料で利用することができます。キャリアコンサルタントに相談してスッキリしたという看護師も多いです。今の仕事に満足できないのなら、まずはキャリアコンサルタントに相談することから始めてみてはどうでしょうか。

相談するなら安心して利用できる転職サイトが良いですよね。以下にお勧めの転職支援サイトを紹介していますので、気になるところがあればどうぞご確認ください。

ナースではたらこ
楽天リサーチNo.1。逆指名制度。転職支援金がもらえます。
チーム・プライマリー(htrk)
  • 「はたらこねっと」「ジョブエンジン」のディップ(株)運営。信頼の上場企業。
  • 2012年楽天リサーチ【看護師人材紹介】顧客満足度No.1
  • 希望の病院があれば、いま求人募集が出ていなくてもこちらから病院に求人を確認することが可能【逆指名制度】
  • 全国最大級の9万件の医療機関データベースをもとに求人を検索。
  • 最大10万円のキャリアアップ支援金制度あり。
  • 相談会場:東京、横浜、名古屋、大阪、福岡、または電話・メール
ナース人材バンク
看護師転職の紹介実績No.1(※)。トップクラスの求人数と安心のサポート。
チーム・プライマリー(njb)
  • 安心の東証一部上場企業、プライバシーマーク認定も取得済みで安心です。
  • 年間10万人以上の看護師が利用し、紹介実績No.1! 取引先の数もトップクラスです。
  • また、約200人のエージェントが常に求人を開拓していますので、リアルタイムな求人、希望の求人がみつかりやすい転職支援サービスです。
  • 看護師向け求人の公開事務所情報が20万件以上という多さだから、エリア限定の求人探しにも有利です。
NJB詳細(チーム・プライマリー)
(※2012年エス・エム・エス調べ)
マイナビ看護師
知名度・満足度・安心感が揃った転職支援サービスです
チーム・プライマリー(mnv)
  • 総合人材紹介サービスの「マイナビ」グループ。日本最大級の看護師専門の転職サービスです。
  • 利用者アンケートでは利用者満足度96%以上
  • 病院や医療機関だけでなく、一般企業の求人や治験関連の求人も幅広く揃え。総合人材紹介であるマイナビの強みです。
  • 看護師専任のキャリアコンサルタント一人ひとりが見えるサイトで安心。
  • 相談会場:東京、さいたま、横浜、千葉、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡、札幌
ナースパワー人材センター
25年も継続した看護師転職サービスのキャリアとノウハウがあります。
チーム・プライマリー(npw)
  • 看護師転職支援25年の老舗。医療機関からの信頼感が高く、『ナースパワー人材センターさんの応募者なら』と採用されるケースも
  • 『都市応援ナース』『離島応援ナース』で数年だけ働く求人あり。
  • 求人先(病院)が支払う紹介料金が業界標準よりも低額だから採用に至りやすい。
  • 業界最大級の全国13拠点で求人を紹介。直接会って相談したい方には最適です。
スーパーナース
看護師転職専門で19年の老舗。地域に密着した転職情報に強い
チーム・プライマリー(spn)
  • 看護師転職を専門にして19年の実績。
  • 長年培った全国の病院や医療施設とのコネをフル活用して転職活動をサポート。総合転職サービス系ではない、看護師転職専業ならではのサービスです。
  • 『スキルに不安な看護師向け』『知識技術を磨きたい看護師向け』のセミナー開催など、専門会社ならではのサービスも豊富。